​りんごのポム / Petite Pomme.

ある朝のこと

熟してしまう前の、もうすぐ赤くなるはずのりんごがひとつ

​木から落っこちました。

​それというのも、そのりんごが旅に出たいと、心から願ったからです。

その昔、このりんごを実らせるために

大きな木になった最初のりんご、

その中に生まれた小さなたねが土に埋まり、

​芽を出して日の光を浴びた時に、

太陽に願いを伝えたのです。